診療案内

温クリニック四万十の診療科目は、循環器内科・内科。
心臓リハビリテーション、和温療法を活用し、
心臓病や生活習慣病の予防にも力を入れています。
オンライン診療も行っています。

ホーム > 診療案内

診療案内

診療科目

  • 循環器内科
  • 内科
  • 心臓リハビリテーション
診療時間
午前 9:30-12:30
午後 14:30-19:30
● 土曜日は18:30まで / 第5土曜日はお休みです
睡眠時無呼吸症候群の診療時間

平日 18:30 〜 19:30
土曜 17:30 〜 18:30

電話0880-34-8280
FAX0880-34-8281
※予約なしでも診察できます。
※電話予約も可能です。
※初診の方、前回と違う症状のある方

温(ぬくもり)クリニック四万十

〒787-0019
高知県四万十市具同5390 ドラッグストアmac 中村店内
Google マップを見る

アクセス
駐車場 130台(ドラッグストアmacの駐車場を利用いただけます)

心臓病の原因となる生活習慣病は
自分の身体の状態を知ることで
安全に改善できます

心臓病や生活習慣病の患者さまには、心肺運動負荷試験を受けていただきます。自分の体力(心肺能力)を正しく認識し、一歩一歩、機能回復や向上に努めることが安全に健康を取り戻すために重要と考えているからです。試験結果は、運動処方箋としてお渡ししています。

温クリニックは
心不全、狭心症、心筋梗塞の
治療と予防をお手伝いしています

温クリニック四万十の専門は、循環器系です。具体的には、心不全、狭心症、心筋梗塞などの患者さまに対して診療と医療的処置を行っています。またこれらの心臓病リスクにつながる生活習慣病の予防と改善も、専門スタッフとともにサポートします。

診療科目

循環器内科

循環器とは、その名の通り、血液やリンパ液を体内で循環させる働きを担う器官です。心臓や血管は、私たちの命を支える重要な器官ですので、循環器に関わる疾患は早期の治療や予防が大切です。 高血圧、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症など心臓疾患リスク高い方は、定期診療をおすすめしています。

主な病名:
  • 心不全
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 弁膜症
  • 不整脈
  • 末梢血管病

内科

熱や咳などの風邪症状や、腹痛、頭痛、軽いケガなどは内科で診療します。必要に応じて、専門の診療科をご紹介します。

主な病名:
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 感染症
  • 認知症
  • 健康診断

    レントゲン、心電図検査、血液検査などの健康診断を行っています。胃カメラやバリウムは扱っていませんので予めご了承ください。ご予約なしで来院いただいた場合、長時間お待たせすることがございます。事前にお電話などでご予約ください。

  • 予防接種

    感染症の予防接種を行っています。
    ※新型コロナウイルスのワクチンについては、2021年7月現在、市町村から配布される「接種券」が必要になります。また当クリニックでワクチン接種をするには、同日6名以上の希望者が揃う必要があります。四万十市の窓口でご予約いただく方法もあります。

  • 禁煙外来

    循環器の疾患にもつながる喫煙。当クリニックでは、禁煙を目指す方に禁煙外来をおすすめしています。多くの場合、2週間に1回程度の通院になります。患者さまの依存度に応じて、ニコチンテープや飲み薬などを処方し、2ヶ月程での禁煙を目指します。

訪問診療

温クリニック四万十では、第1・第3土曜日の午前中に限り、訪問診療を受け付けています。ご予約の時期や状況により、対応できないこともございます。事前にお問い合わせの上、ご予約ください。

オンライン診療

オンライン会議システム(Zoom)を使うことで、ご来院いただかずに診療を受けていただけます。前日の0時までに予約してください。当日は予約時間の15分前からオンライン会議システムにログインできます。手前の患者さまの診療時間によっては、少しお待たせすることがあります。予めご了承ください。

発熱外来

新型コロナウイルスの感染抑制のため、
発熱・咳の症状がある患者さまは、事前のお電話をお願いしています。

お熱や咳の症状がある方は、事前にお電話ください。
クリニックに到着されましたら、車の中で待機したまま、改めてお電話ください。
車の中で待機できない方は、その旨をお電話いただいた上で、発熱外来の待合室(グリーンゾーン)にご案内します。

30代、40代の若い世代でも増えている
狭心症や心筋梗塞は、早めの対処で改善できます

1.自分の身体の状態を知る
心肺運動負荷試験

動脈硬化で血管内が狭くなり、血流が抑制されてしまう狭心症。さらに心筋梗塞になると、血流が止まってしまいます。改善には器官を回復させる運動が必要ですが、身体に負担をかけすぎると逆効果です。まずは、負荷試験を受けていただき、身体の状態を正確に診断してから、患者さまに合った処方箋を出します。

2.激しい運動が難しい方でも
血流を正常に循環させる
和温療法

心肺運動負荷試験の結果、すぐに激しい運動を行えないことがあります。当クリニックでは、和温療法と呼ばれる身体を温めることで、血流を循環させる温熱療法を活用し、状態の改善を目指します。

3.自分のペースに合わせて
心肺機能を回復・維持する
心臓リハビリテーション

ある程度、運動が可能な患者さまには、専用のトレーニング機器を使い、リハビリの専門スタッフのサポートのもとで、心肺機能を回復させるための運動療法を行っていただきます。
心肺運動負荷試験により、改善の経過を見ながら、リハビリの内容を変えていきます。

4.心肺機能の回復に応じて
運動習慣を身につけましょう

再発を防止し、健康的な生活を維持するためには、運動習慣をつけることが大切です。
心臓リハビリのトレーニングを卒業し、通常の運動ができるようになったら、ジムなどで筋力トレーニングを継続するのもおすすめです。
※温クリニック四万十のあるドラッグストア mac 中村店の 2F には、フィットネスジムも入居しています(ネイチャーフィットネス四万十店)。